髭を剃るとカミソリ負けしてしまうのは

ホテルに置いてあるT字カミソリ

 

髭を剃るとカミソリ負けをしてしまうことがありますよね。

 

ホテルなどに置いてあるT字カミソリだと、二枚刃のモノが多いですよね。

 

あれでヒゲソリをすると、私なんかスグに真っ赤っ赤になってしまいます。

 

だから出張の時などは、多少の荷物になっても四枚刃以上のヒゲソリを持っていくようにしているんです。

 

カミソリ負けは

 

  • 肌が荒れたり
  • 痛みが出たり
  • 傷ついたり

 

と、良いことなどは当然何一つありませんから。

 

 

ヒゲを剃る時にカミソリ負けを起こす原因とは?

カミソリ負けを起こす原因には幾つか考えられることがあります。

 

元より肌質が弱いというような人には正しい髭剃りを行っていてもカミソリ負けをしてしまう確率は上がってしまいます。

 

ですがそうでない人の場合は、

 

基本的に本人のケア不足というのがカミソリ負けの原因

 

となってしまっている可能性が高いのです。

 

カミソリ負けは

 

やじるしカミソリの刃が錆びている
やじるし使いすぎて古くなっている
やじるし刃先が傷んでいたりする

 

と平気でカミソリ負けを起こしてしまいます。

 

カミソリが不衛生だと雑菌が繁殖しているという可能性だって出てきますから、カミソリの刃はできるだけこまめに新しいモノに交換するほうが良いです。

 

特にカミソリ負けが頻繁におこる場合は、最低でも月一回はカミソリ刃を新品に交換するようにしましょう。

 

 

カミソリ負けを防ぐ髭の剃り方

また、カミソリで髭を剃る場合には、しっかりと剃る前の準備をしなくては行けません。

 

  • 髭を濡らして刺激を少なくする
  • 場合によってはタオルなどで髭を蒸らす
  • シェービングフォームなどを必ず使用する

 

といったことが重要となってきます。

 

面倒くさいかもしれませんが、髭を蒸すなんてシャワーに入って熱めのお湯をかけ続けるだけでもOKなのです。

 

これだったらわざわざ蒸しタオルを準備する必要もありませんし、朝シャワーと併用することもできます。

 

このようなヒゲ処理前にケアをしておくことがとても重要です。

 

何もしないで髭を剃ると、

 

髭がカミソリに与える抵抗が大きくなってしまい、カミソリ負けを起こしてしまう

 

重大な原因ともなってしまうのです。

 

 

ひげそり痛い!髭剃り負けで皮膚がヒリヒリ!濃い髭を薄くする方法 >>